Home > みどりの風とは

緑の風とは
みどりの風 作品展 風景 "夢づくり工房 みどりの風"は18年ほど前、代表の延原一人から始めさせていただいた、年に数回の骨髄バンク支援のバザーとして、ドライフラワーで作るリーフや、花の盛り合わせ、ハーブの香り袋など、季節の花や実を集めては、天井から吊り下げた、香りでいっぱいのドライフラワーと手づくりの店からスタートし、売り上げは全額骨髄バンクに寄付させていただいておりました。

 現在ではメンバーも増え、約30名の志を一つにする人たちが集まり、売り上げの一部を骨髄バンク支援にあてる形は変わらず、古民具・手づくりバック・小物・骨董品などの商品を展示販売する、年に3回の手づくり展を開催しています。

作る人も、売る人も、お客様も手づくり大好き人間ばかりですから、3日間はお祭りみたいなもので、さながらお母さんたちの文化祭のようです。

お客様に飽きられないように。

また、感動してもらえるように、毎回全員で知恵を絞っています。

多くのお客様に出会えること。

たくさんの心のこもった手づくり品の中から、お気に入りのものを探すこと。
そして、おいしいランチセット・ケーキセットなどもメンバーさんの手づくりです。

 みどりの風メンバーの基本は「性格がいいこと」です。
みなさん出すぎず、下がりすぎず、程よい調和を保てることが長寿の元かと思います。

 これからも、体力と清くの続く限り、多くの人との出会いを楽しみたいと思います。
ホームページの扉を開いて頂きありがとうございます。
新しい作品の展示を続けますので、ホームページの中のみどりの風へどうぞお越し下さいませ。
2011/05/13